<< JKラングラーのスペアタイヤ交換 | main | サファリY61へホイールスペーサー取付! >>

ランクル200 ARBサハラバー シュノーケル取付け

ランクル200にARBサハラバー&ウインチ、シュノーケルの取付けです!

実は、通常の国内車では無く、左ハンドルのディーゼル車なのです。

有名な方のお車なのでご存知の方も多いのかな?

 

重量のある商品なので、事前に車高の下がり具合を計測しておきましょう〜

 

以前の車種にはこんな作業はありませんでしたが、

元のバンパーを活かしたデザインですので、純正バンパーのカット加工が必要となります。

型紙でカットラインを出していきます〜

 

こんなラインになりました。最終的な仕上がりではバンパーエンド部は露出しますが、

その他はサハラバーに隠れますので、多少の誤差があっても大丈夫そうですね..

 

バンパーを外してからの、

 

カット加工後はこんな感じです。

JB23系のジムニーのバンパー取付けに似ていますね〜

 

バンパーの取付けブラケットはこんな大きなものになります〜

衝撃吸収?のなみなみ部がありますねっ

 

こんな感じに取付けになります。

画像には見えませんが、フレームの奥からも補強ボルトが入っていますので、

かなり強靭です。

 

フォグランプやコーナーセンサー等の配線処理をしておきましょう〜

 

..と、バンパー作業は一旦中断しまして、作業のし易い状態なので、

シュノーケルを取付けしていきましょう〜

型紙を使って、穴あけ部を出します..

..作業がはじめての車は、もの凄く気を使います..

この状態で本体を当てて位置が合っているか何度も確認しました。

 

 

穴開け加工が完了!ズレを修正していきます〜

 

錆止め加工もしておきましょう〜

 

本体を取付けるのですが、

こんな裏面パッドも付属していました。最近の車種用は親切設計ですね〜

 

入口が変な向きですが、ひとまず取付け完成!

 

クリーナーボックスとの接続部はこんな感じ..

 

裏面に補強バー(つっぱりバー?)も取付けます。

 

クリーナーボックス内も、こんな整流板を取付けました。

 

バンパーに戻りましょう〜

カットした純正バンパーを戻します。ライトウオッシャーも従来通り使用可能ですねっ

 

バンパー本体にウインチをセットしていきます〜

 

WARN M8000シンセティックロープをセットします。

同時に付属のウインカー、フォグランプ(オプション品)もセットします。

 

センターフープもセットしまして、

(実は1回セットしないで取付けたら、後からのセットが無理のようで、やり直したのは内緒です..)

 

!!っ

取付け完成!上部にIPFのフォグランプも取付けしました!

 

アンダーガードも取付け。

 

サイド側にもガードが付属していました〜

 

ウインチにロープを巻き付けまして、各部チェックの上完成!

 

カットしたサイドのクリアランスはこんな感じ。メーカー規定値がコレです。

 

 

 

装着後の計測値はこんな感じでした。やはり重量の分下がりますねっ

ワイヤーロープだともう少し下がるのかな?

 

ランクル200の当店での作業は初めてでしたので、お時間をいただきました。

また、左ハンドル・ディーゼル車でしたが、特別な加工も不要でしたね。

 

商品の入荷までに4ケ月弱のお時間がかかりましてお待たせしました。

とても格好良く仕上がったと思います。

 

次回のカスタムもよろしくお願いいたします、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

at 10:36, カトウ, ランクル200

-, -, - -